初心者におすすめ取引所はbitFlyer

AI系おすすめ仮想通貨「ニューロメーション(NTK)」とは?今後は?

ニューロメーション(NTK)とは?

最近ニュースや新聞でも目にする機会の多くなった「仮想通貨」ですが、儲かっている人がいる一方で損している人がいるのも事実で、なかなか最初の一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨で一番有名な銘柄である「ビットコイン」は、2017年12月には1BTC=200万円以上もの価格まで上昇しました。

2017年末から2018年1月にかけてビットコインと連動するかのようにほとんどすべてのアルトコインも一気に価格を上げ、まさにバブル状態でした。

ここまで仮想通貨市場が盛り上がったのは、この投資は儲かると世間が気づいた証であり、CMの効果もあってか新規参入者がものすごく増えたことが大きな理由ですね。

実際に、2017年12月の国内取引所への入金額を見てみると、1兆1700億円もの投資金が集まっていて、前月と比べると13倍も入金されるほどの注目度となっています。

2018年2月以降、価格は一旦下がり落ち着きを取り戻してきましたが、仮想通貨の技術力と可能性を加味すればこれからも順調に成長するでしょう。

仮想通貨市場はまだまだ発展途上に過ぎなく、今から参入しても遅いのでは?と心配になる必要は全くありません。

そのコインが持つ技術力や社会への貢献度、プロジェクトの実用性さえ考慮できれば価格が上がってくるコインは簡単に見抜けてしまいます。

確かに短期的に価格が極端に上下するコインもありますが、トレードがうまい人でなければ売り抜けられないのが現実です。

売却のタイミングというのは技術と精神力が必要とされ素人ではマイナス収支になってしまうのがオチです。

ボラティリティーが大きい今の市場で短期トレードをして利益を出そうとせず、長期保有で利益を出していきたい人向けにオススメのアルトコインを紹介いたします。

株や不動産投資では10年で2倍程度が普通ですが仮想通貨は3年で100倍に膨らむことは十分現実的で、ホールドしているだけで利益を上げることができるので銀行にお金を眠らせておく選択肢はもう取れませんね。

話題のニューロメーション(NTK)とは?

ニューロメーション

参考

Neuromation公式サイト

近年めざましい発展を遂げている「AI技術」に関するプロジェクトを掲げているコインで、NTKを製作している会社は30年以上もAIの研究を行っています。

工場にAIが搭載されればものづくりの精度とスピードは大幅に進歩し、医療分野ではディープラーニング(深層学習)とアクティブラーニング(能動学習)を駆使して検査データから疾患を探し出してくれます。

人件費がかからない、ランニングコストが安い、作業効率が高いなどの理由から、日本を代表する企業であるトヨタ自動車も積極的にAIの導入を進めており、10~20年後には現在の仕事の50%がAIに代替されると発表されているほどその期待値は高いですね。

企業からするとメリットづくしのAI導入ですが、大きな問題点が存在します。

というのも、AI技術というのは最先端技術であり研究開発費と研究に費やす時間が膨大なものとなってしまうため、大企業ならともかく中小企業は導入することすら叶いません。

この問題点にアプローチしているのが「ニューロメーション(NTK)」。

NTKのプロジェクト内容は「AI技術の提供」に主に行っていて、この技術が欲しい企業はNTK払いで購入します。

例えば、個人経営のスーパーマーケットで考えてみます。

翌日の天気、その地域のイベント、商品の売れ行きなど様々な要素を考慮して自動的に仕入れをしてくれるAIが今後開発された際、人件費や手間がかからず売り上げが伸びるためスーパーマーケットの経営者は喉から手が出るほど欲しいはずです。

ですが大企業のようなAI研究施設を設置するお金は個人にはありません。

ニューロメーションプラットフォームではこのAI技術を提供・共有することが可能で、AIに関するすべての事柄をこのプラットフォーム1箇所で実現させることができます。

これにより大企業でも導入されているハイレベルな技術を個人経営のスーパーマーケットでも導入することができるようになり、中小企業の活性化や日本の産業の発展に大きく貢献することは間違いありません。

この技術力やプロジェクトの内容を考えれば他のアルトコインよりも今後大いに期待できますが、投機的な面でもうひとつ魅力的な点があります。

NTKの枚数が最初は1億枚用意されています。

これが2018年30%、2019年20%、2020年10%と3年間でバーン(トークンを減らす)が実施されます。

単純に枚数が減ると価値が上がりますし、プロジェクトが評価されてくればさらに需要が増します。

先行者利益があるのはどのコインも同じですが、NTKはその恩恵をたくさん受けられます。

実際にNTKのホワイトペーパー(事業計画書)にも、「バーンによってNTK需要は2020年末までに90倍になる」と明記されています。

あくまで予想ですが会社自体が発表している数字なので信憑性はかなり高く、2020年末まで長期保有することで大きく価値を上げてくるでしょう。

まとめ

ニューロメーションの可能性について感じてもらえたでしょうか?

もう一度要点をピックアップしてみます。

  1. 企業は続々とAIを導入し始める
  2. NTKはAI技術を提供、共有する
  3. 2018年から3年間かけてトークンを減らす

これほどプロジェクト内容がしっかりしている仮想通貨はなかなか見つけられませんし、その分期待値も大きいですね。

何を買えばいいかわからないという方はこのニューロメーション(NTK)を手に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です