初心者におすすめ取引所はbitFlyer

ノアコインとPGCコインの違いについて

ノアコイン

フィリピンは発展途上国のため、現状では労働環境は良くありません。賃金は安く、生活が出来ない人が多くいるため、国策として海外に出稼ぎにいくことが推奨されています。

また、出稼ぎに行っている割合は「人口の1割」と言われており、稼いだお金は都度家族の元へ送金されているようです。

しかし、海外からフィリピンの家族元へお金が送金される際に、多額の送金手数料が発生しており、これがフィリピンでは社会問題となっております。この問題を解決するために開発されたのが「ノアコイン」です。今回はノアコインについてご紹介します。

【ノアコインとは!?】

ノアコインは国際送金にかかる手数料の問題を解決するために開発されたコインです。仮想通貨において国際送金の代表格と言えばリップル社の「XRP」が思い付きます。

ノアコインの特徴について

フィリピンのお金事情

出稼ぎの割合が高いフィリピンにおいて、送金手数料として国外でお金が落ちてしまうことは財政に大きな影響を及ぼしています。フィリピン国としては送金手数料が安くなり、より国内でお金が落ちる環境を作り上げたいと思っています。

また、現在フィリピンの国内総生産額は「3500億USDドル」になります。そのうちの1割が出稼ぎによる所得のため、送金の対象金額は「350億USDドル」です。

つまり「約3兆5000億円」に対し、送金手数料が発生しており、その手数料の約8割を削減することが出来るということで「ノアコイン」は話題になっています。

仮に送金手数料が5%かかっていると考えた場合、3兆5000億円の5%は「1750億円」です。1750億円の8割は「1400億円」になります。

つまり、送金手数料にかかっていた「1750億円」は「350億円」まで減少し、「1400億円」もの大金がフィリピン国内の家族のもとへ届けられると予測できます。

ノアコインの開発は「ノアファウンデーション(NOAH FOUNDATION)」が主導権を握りながら進めています。ノアファウンデーションはフィリピン国内の政財界の重鎮で結成されています。

一国の重鎮が集まってプロジェクトを進めているコインと考えると期待感も高まります。また、ノアコインのプロジェクトは明確化されています。

2018年4月~6月頃には専用ウォレットの「Ark」をリリース予定です。また、プラットフォームは「Ark Remit」と名づけられ、2018年7月~9月頃に完成を予定しています。

専用ウォレットを作ることで送受金が簡潔化され、ノアコインのシステム内で全ての決済が出来るため、手数料も安く済むということです。さらに、現在は送金した後に送金先へ着金するまでには5日~10日程度の時間がかかりますが、この時間も大幅に減少出来ることが予想されます。

また、これらの技術を使用してノアシティの建設をノアファウンデーションは計画しております。ノアシティとは一定のエリアのみノアコインを全ての決済手段として使用できる街のことを指します。

予定では、2022年に ノアリゾートで試験的にノアコインを活用し、成功した場合は翌年にノアシティーを公開する予定のようです。

ノアコインの提携先について

提携

ノアコインの提携先となる「NIPPON PAY」と「SCI」についてまとめました。

NIPPONPAYとの提携

NIPPONPAY

NIPPON PAYは日本の企業です。日本国内のキャッシュレス化を目標としてマルチ決済サービスを展開しています。
「WeChatPay」や「UnionPay」「Alipay」「KakaoPay」「LINEPay」などの決算手段を、1つのアプリで使用できるサービスを作ったことは、記憶に新しいです。

SCIとの提携

SCI(Satoshi Citadel Industries)とはブロックチェーン技術を持つフィリピン国内の大手企業になります。既にSCIの技術は実用化されており、支払いや送金をフィリピン国内で実施しています。

また、株主がカカオトークで有名なカカオであることが企業の評価を上げています。特に韓国では人気があり、月間のアクティブユーザー数は約5000万人と推定されています。
また、SCIは「BuyBitcoin.ph」という仮想通貨の取引所を開設しており、その取引量はフィリピン国内で第2位となっています。

【ノアコインの将来性について】

ノアコインの将来性

ノアコインは保有しているだけで20%の配当が得られます。年々配当率は下がりますが、最大40年間は利息がつきます。
配当率は初年度が20%、2年目が17.20%、3年目が14.79%、4年目が12.72%、5年目が10.94%になります。以降は同様に減算されていき、40年目の配当率は0.06%となります。
配当は毎日換算されて都度入金されるため、保有しているだけで毎日ノアコインが増えていきます。

現在の日本の銀行の金利は「0.001%」になります。つまり、ノアコインの最低金利より遥かに低いことが分かります。
また、ノアコインの供給量は「915億8400万枚」と限られているため、ノアシティが実現し実需が増える頃には「保有して資産を増やす方」や「お金として使用する方」「送金手段として使用する方」など様々な手段として需要が高まり、ノアコインの単価は上昇していくことが予想出来ます。

【PGCとは!?】

フィリピングローバルコイン

PGCとは「フィリピングローバルコイン」のことを指します。ノアコイン同様に国際送金問題について解決することを目的とされています。

PGCの特徴

PGCの特徴

PGCの開発はフィリピンの実業家であり現大統領の弟である「エマニュエル・ドゥテルテ」氏が関わっています。また、日本のデジタルカレンシー株式会社が携わっています。

デジタルカレンシー株式会社は仮想通貨の開発やマイニング事業を請け負う日本の企業であり、BCC(ベネフィット・クレジット・コイン)の開発実績があります。

エマニュエル・ドゥテルテとデジタルカレンシーが合弁会社として立ち上げた企業が「J-PGC」になります。PGCの発行はJ-PGCが行います。

また、PGCの目的は大きく分けて2つになります。1つ目は「低手数料での海外送金の実現」、2つ目は「マイクロファイナンスによる低金利融資の実現」になります。

マイクロファイナンスとは貧困層向けの小口融資や貯蓄、保険などの金融サービスを指します。低所得者と高所得者の大きな違いは「手段を選べない」ことです。

例えば「大包装で購入すれば安く済みものを小包装で買わざるを得ない」ことや「法外的な高利貸しからお金を借りるしかない」ことが挙げられます。つまり、マイクロファイナンスは貧困層に金融サービスを提供することで、生活レベルの底上げを計れる手段であることが理解出来ます。

また、それらの理由から貧困層からのニーズは高いです。しかし、一方では貧困層に貸したお金は返ってくるのかという疑問が生じてくるかと思いますが、返済率は驚異の9割越えになります。

返済率が高い理由は「融資と返済を繰り返す」からです。つまり、返済をしなければお金が借りられないため、自転車操業をしなければいけないからです。

つまり、J-PGCにとっても利益が出ますし、貧困層にとっても無駄なものが省けるため、WIN-WINの関係が築けることになります。また、PGC保有者には配当が当たります。

現在の情報では30万PGCを保有して入れば月利1%程度の配当が得られるということです。

PGCコインの将来性について

PGCコインの将来性について

PGCは韓国の取引所に上場することが決定しています。また、香港、や日本、フィリピンなどの取引所に上場することが計画されています。

フィリピンの取引所への上場が2019年1月を予定しているという情報がありますので、この半年間の動向には要注目です。また、上場が決定しているため今後は価格は上昇することが予想されます。

つまり、トレード目的での需要が増加し、保有時に発生する月利を目的とする購入が短期的には見込まれます。また、長期的には送金手段としての利用とマイクロファイナンスによる実需が見込まれるため、将来性の高いコインであることが言えます。

ノアコインとPGCコインの違いとは!?

ノアコインとPGCコインの違い

送金手数料を安くして、国民を豊かにするという目的は共通になります。ノアコインの特徴は配当率が高いこととノアシティーでの実用化を目指している点です。

一方でPGCは配当率は低いですが、マイクロファイナンスによる低金利融資の実現を目指しているため、国民の需要度としては高いことが予想されます。

また、PGCはフィリピンの中央銀行や証券取引委員会へ正式な登録を申請するまでの時間が短く、ノアコインより国からの承認は厚く思えます。

つまり、実用化による需要が大きく見込めるのは「PGC」ですが、資産運用としての需要が見込めるのは「ノアコイン」になります。現在は、このような想定をしておりますが、今後各コインの開発者の旗振りによって、それらの認識は変わり、より明確化していくことが予想されます。

今後も提携先の発表などに注目しながら、ノアコインとPGCの動向には要注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です